スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わすれられないおくりもの

2013.02.10.16:45

わすれられないおくりものわすれられないおくりもの
作・絵:スーザン・バーレイ / 訳:小川 仁央出版社:評論社絵本ナビ



 生き物として生まれてきた以上、いつか必ず、大切な人の死、そして、自分自身の死を迎えることは免れないことです。そのことを頭でよくわかっていても、深い喪失感、絶望感を拭い去ることはできません。かけがえのない人を失った悲しみをどう乗り越えていくのか…。

 冬のはじめに、皆に頼りにされていたアナグマが死にます。仲間たちの悲しみは深く、皆は途方にくれますが、アナグマの思い出を語り合ううちに、彼が残してくれた様々な素敵な知恵や工夫、その優しさに気づいていきます。確かに継承されているアナグマの生きた証は、残された者たちの心の中に息づき、皆を幸せにしてくれるのです。またトンネルのむこうの世界へ向かうアナグマの足どりは軽く、死は決してつらいものとして描かれていません。
 
 死を見つめると同時に、自分もまた家族や仲間に何を残して生きることが出来るのかを考えさせられる一冊です。柔らかな水彩で描かれる動物たちの姿もとても生き生きとしています。(Y.Y)


comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。