てぶくろ

2011.11.29.18:16

てぶくろてぶくろ
作:(ウクライナ民話) / 絵:エウゲーニー・M・ラチョフ / 訳:内田 莉莎子 / 出版社:福音館書店絵本ナビ



 雪の降る日におじいさんが道で落とした片方のてぶくろを見つけた動物たちが、次々にてぶくろの中に入っていきます。
 くいしんぼねずみにぴょんぴょんがえる、このあたりまでは大丈夫。その後、はやあしうさぎ、おしゃれぎつね、入れるわけないやん~!と突っ込みをいれたくなるものの、はいいろおおかみ、きばもちいのししのあたりで、どこまで入るのかな?と楽しみに^^ 最後には、のっそりぐままで一緒に暮らすことになるのです。

 ユニークな住民が増える度に、どんどんリフォームされ家らしくなっていくてぶくろが不思議♪ 外は雪が降り、暗くて寒そうなロシアの森の中なのに、てぶくろの中はどんなに暖かく賑やかなことでしょう。

 実は、うちの子が小さかったときにこの絵本を題材に劇をしたことがありました。
「あなたはだあれ?」「ぴょんぴょんがえる」「入れて」「どうぞ」
誰ひとり排除せずに一つのてぶくろの中にみんなが入って暖まれる喜びを教えられ、なんて素敵な劇だろうと思ったものでした。(Y.Y)

comment

Secret

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示