スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こねこのぴっち

2017.02.23.21:21

350_Ehon_1913.jpg

「こねこのぴっち」
文・絵/ハンス・フィッシャー 訳/石井桃子 出版社/岩波書店 発行/1987年

ぴっちは少し“おませさん”。無邪気にじゃれ遊ぶきょうだいネコたちには交わらず、ひとり考えごとをしていたかと思うと、何かもっと違うことを探しに出かけます。カッコイイ雄鶏の真似をして2本足で歩いてみたり、山羊の立派な角が欲しくなって木の枝を頭につけてみたり。あひるのように泳いでみて溺れてしまっても、子ウサギたちに囲まれるとケロリと立ち直り…今度は子ウサギになりきってウサギ小屋で眠ってしまいました。

その夜中、目を覚ましたぴっちはとてもとても怖い目に遭います。毛を逆立てて怯える後姿に、読んでいる方もきゅっと胸を締め付けられるよう。すんでのところで助け出されるものの、病気になって寝込んでしまうぴっち。でも、りぜっとおばあさんやたくさんの仲間たちが一所懸命看病し、元気付けてくれるのでした。

犬のべろが作った素敵な乳母車でお祝いの会に行くところ、花咲く庭にみんなが集まって踊ったり音楽を奏でたりしている絵は幸福感いっぱい!フィッシャーの線画は、動物たちの表情や仕草がイキイキと躍動感にあふれています。

そしてぴっちは「ここがいちばんいいところだ」と思います。いろんな経験や失敗を経て自分の居場所を見つけ、自分がありのままで愛されていることに気付いたのです。そんなぴっちが、大人になった今読むと、たまらなく愛おしく感じます。

私が子どもの頃愛読したのは右開きの小型本でしたが、深緑色の表紙の大型版は絵の魅力倍増でオススメです。(S.Y)

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。