スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼちぼちいこか

2012.11.29.19:28

ぼちぼちいこかぼちぼちいこか
作:マイク・セイラー / 絵:ロバート・グロスマン / 訳:今江 祥智出版社:偕成社絵本ナビ



「ぼく、しょうぼうしになれるやろか」かば君は、消防士、ふなのり、パイロット、バレリーナ、ピアニストなど、いろんな職業に挑戦するのですが、どれもこれもその体格の良さと力の強さが災いして、「なれへんかったわ」と失敗の連続。カウボーイ、サーカス、水泳選手、運転手…これだけ失敗すれば、くじけて泣いて落ち込むかと思いきや、かば君は、とぼけた表情で全く懲りずに次のステップを目指します。

反省とか意地とか努力とか根性とか、そういう言葉とは無縁のひょうひょうとしたかば君を見ていると、いつもあせってイライラしてしまう自分が、あほらしく思えてくるのです。

関西弁で「ぼちぼちいこか」という場合、「ぼ」にアクセントがあれば「そろそろ行こうか」、「ち」にあれば「ゆっくり行こうか」の意味になりますが、この本は「ち」にアクセントで読んでくださいね。

外国の絵本なのに、関西弁に翻訳したことで、原作よりも味わいが数倍アップしている一冊。
忙しかった一週間が過ぎた土曜の午後、テレビからふと流れてきた吉本のテーマ曲を聴いたときのような脱力感と幸福感が味わえます。せわしない師走のひとやすみにどうぞ。(Y.Y)

スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。